英会話は環境で身につく!海外留学並みの英語環境を作ろう

英語を学ぶには英語脳になるべし

英語を話そうとする時によくないのは、一度頭のなかで日本語の文章を作りそれを直訳しようとすることです。言語はそもそもコミニュケーションを円滑にするためのものです。思っていることをすぐ伝えなければ会話のペースが乱れて相手はストレスを感じてしまいます。ですから、細かい文法は気にせず、知っている単語を繋げて瞬時に伝えるというクセをつけてみましょう。

講師にふさわしいのは日本人講師?外国人講師?

日本人講師

英語のボキャブラリーがまったくないという初心者には日本人講師がおすすめです。日本人がつまづきやすいポイントも心得ていますので丁寧に教えてもらえるでしょう。しかしいつまでも日本語で質問して日本語で解説してもらっていては上達しません。慣れてきたら外国人講師に切り替えるとよいでしょう。

外国人講師

ある程度英語で言われていることが理解できるレベルの人でしたら外国人講師がよいでしょう。実は日本人には「聞けるけど話せない」という人が非常に多いのです。外国人に伝わる発音と、会話のペースを止めないスピードを重視して練習する必要がありますので、しっかりと英語を教えることを学んだネイティブ講師を探しましょう。

英会話は環境で身につく!海外留学並みの英語環境を作ろう

模型

最低でも2日に1回が理想

英会話に通うのならば、最低でも2日に1回は通うことが上達への近道です。多すぎるということはありませんので、時間とお金がゆるすのならば毎日通いましょう。英語習得には繰り返しが必須です。どんなに聞き慣れない難単語でも繰り返し毎日口に出せば必ず覚えてしまうのが人間です。

man and woman

今までの努力が水の泡!?ブランクは危険

学生時代は英語が得意で海外に短期留学もしていたという人でも、10年経った今では中学生レベルも怪しい・・・ということがよくあります。英会話はTOEIC900点をとったとしても、英検1級を持っていたとしても、英語に触れない期間があると簡単に抜けてしまうのが恐ろしいところです。母国語ではない分、覚えた知識をキープする努力が必要です。

ABCDEFGH

本気なら大手スクールがおすすめ

町の小さな英会話スクールだと、英会話習得よりも異文化交流がメインになってしまっている場合があります。せっかくの外国人講師でも、日本に来て長い場合が多く日本語がペラペラ、つい日本語で話してしまうという状態が見受けられるのです。本気で英語を話したいのならしっかり教科書の用意があり、宿題も出してくれる大手を検討してみるのがよいでしょう。東京駅周辺にも大手スクールはたくさんありますので検討してみてはいかがでしょうか。

英会話教室を選ぶポイント

英会話習得には英語を聞いたり話したりする環境があること、またそれが継続できることが大切だと分かったと思います。自分のレベルに合わせて講師を選び、出来れば教室に毎日通うとよいでしょう。

広告募集中